タカヤマケミカル株式会社の紹介

自ら半導体関連品を販売するその道のプロ

タカヤマケミカル株式会社は、長野県に本社を置く企業で、半導体関連事業を長く行っています。
半導体関連の試験薬を始めとして、生産活動に欠かせない薬品の販売を行っていて、半導体事業における実績が非常に多い企業です。
その強みを生かして、半導体生産工場の清掃やメンテナンスもてがけていて、自分たち自身の経験を生かした丁寧で細かな仕事をすることができています。

特に、この会社では半導体などの製造作業で使用されるクリーン服や梱包材の販売や、クリーン服のクリーニングなどを行っているという実績がありますので、そのノウハウを総合的に生かした清掃作業、メンテナンスができるというのが特徴です。
クリーンルーム清掃では、単に施設内をきれいにできればいいというわけではなく、外部から粒子を持ちこないための手順、クリーンルームの環境を維持するための特殊な機材や服などが必要となります。
その点で、このタカヤマケミカル株式会社は、自ら開発、販売をするプロですので、他のどこよりも優れたレベルで作業ができるというメリットがあるのです。

ケースや冶具、ウエアなどの洗浄も行うことができる

多くの場合、クリーンルーム清掃を行う会社というのは、クリーンルーム内の清掃のみ、よくできたとしても設備の洗浄くらいが作業限界となっています。
しかし、このタカヤマケミカル株式会社では、クリーンルーム内で使われるケースや作業に必要な冶具、作業員が着るクリーンウエアの洗浄まで行っています。
設備そのものの清掃に加えて、クリーンルームで使う装備品をすべて洗浄できるので、一つのパッケージとして清掃、洗浄作業を完結できるのが、この会社の大きな特徴です。

たいがいの工場では、クリーンルームの清掃はある業者に、ケースや道具の洗浄はこの業者、ウエアクリーニングは他の業者と、かなりバラバラの発注を行っているものです。
しかし、タカヤマケミカル株式会社ではこれらのすべてをまとめて請け負うことができますので、トータルサービスができるという強みがあります。
当然、コストの削減や効率の良いメンテナンスプランの作成などが可能となりますので、工場としても大きなメリットを得られることになります。

品質管理アドバイスなど幅広い業務を行う

タカヤマケミカル株式会社は、洗浄や清掃、そして関連商品の販売まで、かなり幅広い業務を行っています。
そこで培われたノウハウは高度なものです。
このノウハウと知識を生かして、単に清掃作業だけでなく、工場における安定した品質管理の手法についてのアドバイスも行っていますので、総合的な管理を任せることができるようになっているのです。

日本保健衛生協会の紹介

施設環境メンテナンスにおける実績の高い日本保健衛生協会

日本保健衛生協会は、東京に本社を置き、大阪に支社を持つ施設環境メンテナンスを手掛ける企業です。
海外にも支社を持つなど、事業展開に積極的でもある企業として成長しています。

日本保健衛生協会は、医療施設や半導体製造工場、検査関連施設など、特殊性の高い施設におけるメンテナンスを得意としていて、高い実績と信頼を勝ち得ています。
また、空気や作業環境の測定や分析なども行っていますので、より精度の高い作業ができるという強みがあります。
清掃作業のジャンルではクリンルーム清掃も手掛けていて、プロ意識の高い高度なレベルでの作業をするという評価を受けています。

定期メンテナンスにも対応した清掃プログラムを持つ

日本保健衛生協会は、通常の施設環境メンテナンスに加えて、クリーンルーム清掃もてがけています。
設備新築や改修の際の引き渡し清掃もしていますが、定期清掃にも対応していて、クリーンルーム環境を常に維持し続けるために必要な清掃を長期にわたって行っていける体制を整えています。

クリーンルームの清掃は、それぞれの箇所に応じて推奨されている清掃頻度と清掃内容があります。
そのプログラムを維持していくことによって、ずっと清浄度を正常に保って行けるようになりますので、プロの清掃業者による定期清掃というのは非常に大事です。
しかし、定期清掃を依頼するためには、常に安定したレベルでの作業をすること、時間やコストの面でバランスが取れていることが重要となってきます。

日本保健衛生協会では、様々な施設環境に対応できるノウハウを持っていて、どの施設においても的確な定期清掃を行うことができます。
また、豊富な経験と積み上げられてきたノウハウを用いて、通常作業を妨げない清掃プロセスを実施できるという強みを持っています。
そのため、クリーンルームの定期清掃において大きな力を発揮することができているのです。

総合的なビルメンテナンスを任せられる

日本保健衛生協会は、このように特殊性の強いクリーンルームの清掃を的確に行う能力と実績を持っていますが、同時にビル全体の環境維持という面でも実績が高いという特徴があります。
そのため、クリーンルームだけでなく、オフィスなどを含むビル全体の管理やメンテナンスをまとめて依頼できるというメリットを持っているのです。
総合的な管理をすることによって、より効率の良いメンテナンスができますし、コストの面でも圧縮できるというメリットも生まれます。

このように、日本保健衛生協会は多角的なビル管理、クリーンルーム清掃を行っているのが特徴となっています。
事業展開にも積極的ですので、これからの動きにも注目です。

株式会社シー・エス・ビルサービスの紹介

ソニーグループに所属するビルメンテナンス企業として信頼が高い

株式会社シー・エス・ビルサービスは、ソニーグループの一企業として運営されていて、豊富な人材や資本を持っているのが特徴です。
ソニーグループはかなり幅広い事業を行っていますが、ここは特にビルメンテナンスを行っていて、ソニーグループ内の向上やオフィスなどのメンテナンス、清掃作業を手掛けてきたという経験に基づいた信頼性が強みとなっています。

特にソニーGPにおける工場清掃などをずっと行ってきましたので、クリーンルーム清掃に関しては業界内でも屈指のノウハウと実績を持っていると言えるでしょう。
大規模な工場でのクリーンルーム清掃から、特殊な環境における清掃まで、幅広く対応できますので、様々な企業からの引き合いも強くなっています。
さらに、ソニー全体の工場から上がってくる意見を基に、常にビルや工場のメンテナンス、清掃手法の改善を図ることができ、常に最新かつ最善のメンテナンスを提供できるというのも、この会社の強みとなっています。

どんな環境でも最適な清掃プランを提示できる体制を持っている

株式会社シー・エス・ビルサービスは、ソニーグループでの業務を行ってきたという経験を最大限に生かして業務をしています。
ソニーグループの中には、一般的な精密機械製造工場もありますし、データセンターなどの施設もあります。
それぞれの施設によって、求められる清掃の基準は異なりますし、注意点や清掃手法、期間も変わってきます。

そうした異なる状況においても、最適なメンテナンス、清掃ができるように、綿密なプランを作成しアドバイスすることができるのもこの会社の良いところです。
ある程度大きな規模の施設だと、清掃をする際に作業ストップなどの問題が出てくることもありますが、こうした事前の綿密なプランによって、通常業務をできるだけ邪魔することなくきちんとした清掃ができるようになるのです。

また、データセンターなどでは、ルームだけでなくサーバーに巻き込まれたホコリの清掃など、より踏み込んだ作業も行っています。
他の業者ではできないような、レベルの高いクリーン環境維持を行っているのが魅力的な点と言えるでしょう。

規模が小さくても作業を行い汎用性が高い

株式会社シー・エス・ビルサービスは、大規模なクリンルームの清掃を得意としていますが、基本的には大小を問わず依頼を受けています。
小さな施設であっても、徹底したレベルでの清掃活動を行っていて、顧客満足度が高いのが強みです。

リピーターも多い企業となっていて、いかにその信頼性が強いかが伺えます。
安心の作業を求めるのであれば、こうしたレベルが高く評判が良い会社に依頼するのが一番でしょう。

株式会社 白青舎の紹介

実績の高い歴史のあるビル関連での評価が高い企業

株式会社 白青舎は、ビル管理やメンテナンス、不動産管理、倉庫業、清掃業など、幅広い事業を行う企業です。
様々な事業を行っていますが、どの事業においてもしっかりとした経験と技術を持っているのが特徴で、実績が高く評価が優れている企業となっています。
昭和29年に創業して以来、これらの分野で実績を積み上げてきていますので、経験に基づいたノウハウの集積はかなりのものとなります。

このように、株式会社 白青舎は様々な事業を展開していますが、その中でも注目できるのはクリーンルーム清掃です。
清掃業の中でもかなり特殊性の求められる作業ですが、株式会社 白青舎ではしっかりとした独自の基準に基づいて作業を行っていて、レベルの高い完了引き渡しを実現しています。
クリーンルームでの通常作業を邪魔しないように、効率よくスピーディーに清掃できる態勢を整えていますので、メンテナンス清掃などに利用しやすいというメリットがあります。

完全なクリーンルーム清掃を実施する

株式会社 白青舎のクリンルーム清掃は、設備新築時の引き渡し、改修時の清掃、通常メンテナンスにおける清掃などが含まれています。
新築時の清掃以外は、基本的にクリンルームが稼働している期間に清掃を行っていくことになりますので、製造プロセスの妨げとならないように、綿密にスケジュールと工程を練っていく必要があります。

通常は製造作業などが全体的にストップしている時を狙って、短時間で効率よく清掃をしていくことになりますが、時間内で的確に作業を終わらせるためには熟練の技術と高いノウハウが必要となります。
また、時には稼働状況によって、作業をストップすることができないこともありますので、スペースを確保しながら、完全なタイミングで清掃作業を進めていく必要もあります。
こうした様々な状況にも対処し、クライアントの作業を邪魔することなく、求められる清掃の完全さを実現しているのがこの会社の大きな特徴と言えるでしょう。

全体の流れを見ながら清浄度を確保する作業

株式会社 白青舎では、大型の工場のクリーンルーム清掃も実施しています。
こうした環境では、設備の清掃作業を行うことによって、蓄積塵などが舞い上がりクリーンルーム全体の洗浄度が下がってしまうことがあります。

それを防ぐためにも、全体の流れやクリーンルームの構造を事前にしっかりと把握して、清掃によってクリーンルームの環境が悪くならないように徹底しています。
清掃後のチェックもきちんと行い、すぐに工場内での製造などの通常作業に戻れるようにしているのも、クライアントとしては安心できるところと言えるでしょう。

株式会社 不二ビルサービスの紹介

クリーンルーム清掃を得意とするビルメンテナンス会社

株式会社 不二ビルサービスは、総合的なビルメンテナンスを事業として行っていますが、中でもクリーンルーム清掃という分野で力を発揮しています。
クリーンルーム清掃には特殊な知識と技術、器材が必要とされますので、一般的なビルメンテナンスをしているからと言って誰でもできるわけではありません。

この株式会社 不二ビルサービスは、しっかりとした実績がこの分野でありますので、新規でクリーンルームを構築した場合の引渡し前清掃から、メンテナンス作業まで幅広く行うことができます。
クリーンルーム内の清掃やヘパフィルターの交換、クリーンルーム内の清浄度チェックなどを総合して行っていて、クリーンルームの性能を維持するための必要な作業を完結させられるのが特徴です。

それぞれのニーズに応じた的確な清掃作業を行う

一口にクリーンルームと言っても、半導体工場、食品向上、検査施設など様々な業態があり、クリーンルーム設備も異なってきます。
そのため、クリーンルームの清掃をする際にも、それぞれのレベルと特徴にあった作業をすることが求められるというわけです。

株式会社 不二ビルサービスでは、清浄度クラスや施設規模に見合ったメンテナンスを行うことに長けていて、短時間で的確な清掃作業を完了させることができます。
クリーンルームの清掃においては、汚れや塵などを持ち込まないということも大切ですが、清掃中に生じる塵浮遊などにも対処する必要があります。
そのためのノウハウを持っていますし、作業においてはパーティクルカウンターでしっかりと空気清浄度を測定していますので、信頼のおける作業ができるというのがメリットです。

細かなところまで清掃をしてくれるので環境維持にとても効果的

株式会社 不二ビルサービスのクリンルーム清掃は、新築からメンテナンスまで幅広い範囲に及びます。
その作業は、文字通りクリーンルーム全体に及び、天井部、壁面、床だけでなく、細かなスイッチ類やガラス、パネル類まで細かく掃除をしていきます。
もちろん、そのような清掃には特殊な器材を用い、クリーンルーム内の清浄度を維持できるようにしています。

また、ヘパフィルターの交換なども同時に行っていますので、通常のメンテナンスと清掃をプラスして作業が進められるという利点があります。
こうした作業はこの分野における専門知識と経験がないとできませんが、同社であれば豊富な実績がありますので安心して依頼できるのが頼もしいところです。
作業の開始から、終了時におけるチェックまでプロ意識が徹底されていますので、クリーンルームの環境維持のための大きな助けとなるでしょう。