クリーンルームで働く際に知っておくべきこと

クリーンルームでの仕事はどのような内容なのか

クリーンルームで働くときには、まずは「クリーンスーツ」という専用の服に着替える必要があります。
クリーンスーツは特殊な素材でできている白い色の服で、毛羽立たず、ほこりが付きにくい仕様になっています。
これにより空気中のほこりや微粒子などが服につかず、室内に不純物を持ち込みにくくすることができます。

クリーンスーツに着替えたら、「エアシャワー」というものを浴びます。
エアシャワーとは、「空気の圧力で服に付いているほこりや粒子を取り除くシャワー」のことです。

クリーンスーツで入室するときにほこりなどを持ち込んでしまうと、それが製品に異常を引き起こすことがあります。
そのためエアシャワーでクリーン服をきれいにしてから、部屋へ入る必要があります。

こうして入室したら、指示されている作業を行います。
仕事内容は企業によって異なり、部品の洗浄や組み立て、完成した製品の検査などが行われます。

クリーンルームで働くことのメリット

クリーンルームで働くことには、さまざまなメリットがあります。
まずは「専門知識や技術が身に付く」という点が挙げられます。

クリーンルームで行う作業は専門性の高い内容が多く、誰でもできる仕事ではありません。
また、単純に決められたことを行うだけでなく、技術の知識を下に検査結果などを検証する必要もあります。

ときには膨大な数のデータから結果を導き出すこともあるため、仕事によっては高いレベルの専門性が求められます。
ただ、その分だけやりがいも大きく、自分の経験やスキルも高めることができます。

また、クリーンルームでの仕事は、「座って作業できる」というところもメリットです。
基本的に作業は座りながら安定した場所で行うため、楽な体勢で働くことができます。
職場によっては立ち仕事だったり、体力が必要だったりすることがあります。
これに対してクリーンルームは比較的働きやすいため、男性だけでなく女性にも人気の仕事です。

クリーンルームでの仕事に向いている人

クリーンルームで働くのに向いている人は、まずは「コツコツと作業できる人」です。
担当する仕事は細かい作業を何度も繰り返すことが多く、人によっては集中力が切れてしまったり途中でミスをしたりしてしまうことがあります。
そのため集中力を保って細かい作業ができる人には、この仕事は向いていると言えるでしょう。

次に、「考えて働ける人」にも向いています。
クリーンルームでの仕事は単純作業的な業務もありますが、考える必要があることも多いです。
いつもさまざまな角度から考えることができる人は、この仕事は向いています。

このようにグリーンルームの仕事は、さまざまな特徴があります。
自分に合っているかを確認して、仕事を始めるかどうかを決めることをおすすめします。

アーバン・テック株式会社の特徴とクリーンルームの4原則

クリーンルームの設計からメンテナンスまで総合的にサポート

アーバン・テック株式会社の特徴として、「設置からメンテナンスまでをトータルで対応してもらえる」ということが挙げられます。
クリーンルームを扱っている企業の多くは、導入までを対応してくれても、そこからのメンテナンスは別部署になっていたり、対応に時間がかかったりすることがあります。

しかしこの企業では設計から施工までをワンストップで対応しているため、スムーズに相談や導入をすることができます。
また、自社で全ての業務を行っており、別の業者が間に入ることもないため、設置までのスピードも早く、導入コストも抑えられるようになっています。
さらに自社だけで話が完結することで、お客様の希望が漏れてしまったり連絡ミスが起こったりといったミスも防げるため、総合的にとても満足度の高い企業となっています。

アーバン・テック株式会社はこれまでに豊富な導入実績を誇っており、なんと1,200件以上もの経験があります。
それぞれの企業で導入するクリーンルームは少しずつ異なるため、ノウハウもしっかりと蓄積しています。

自社の担当者の負担も軽減できる

アーバン・テック株式会社がトータルでサポートしてくれることで、自社の担当者も人数が少なくて済みます。
数人のスタッフに問い合わせればすぐに話が進むため、自社の担当者が連絡するべき窓口が一本化されるのです。
この企業のスタッフはそれぞれがクリーンルームについて専門知識を持っているため、困ったことや気になることがあればすぐに相談できます。

問い合わせは公式サイトから電話やメールでできるようになっているため、利用しやすいほうで連絡すると良いでしょう。
連絡後に担当者から折返しがあり、クリーンルームについて相談に乗ってくれるはずです。

クリーンルームの4原則を知っておくと良い

アーバンテック株式会社に問い合わせるときには、クリーンルームの4原則を知っておくとスムーズです。
まずは「埃を室内に持ち込まない」ということです。
次に「埃を速やかに排除する」が、2つ目の原則です。
3つ目として、「埃の発生を抑える」というポイントも大切です。
最後に「埃を溜めない」ということが挙げられます。

人によっては、「なぜいきなり4原則を知っておく必要があるのか」と思うかもしれません。
確かに会社の特徴を解説した後で4原則について説明するのは、話の流れとして不自然かもしれません。

ただ、これはクリーンルームの導入をする上で基礎知識とも言えるものです。
そのため問い合わせるときにはしっかりと理解しておくと、より担当スタッフと話が進みやすくなります。
前提知識として、理解しておきましょう。

株式会社 ニットー冷熱製作所の特徴

クラス100と1番から選択可能

ニットー冷熱製作所のクリーンルームは、2種類のタイプから選ぶことができます。
2つのクリーンブースはそれぞれ、NBU-2、NBU-4という名称となっています。
前者の清浄度はクラス100となっており、比較的手軽に導入できるのが魅力です。
後者のほうは清浄度がクラス10,000となっており、精密な部品などを製作するときに役立ちます。

企業によってはクリーンルームの種類が1つしかなく、自社への導入が難しいことがあります。
しかしニットー冷熱製作所はこのように2つのタイプを用意していることで、より幅広い企業に導入が可能となっています。

さらにクリーンルームを商品として用意していても、あまり力を入れていない企業もあります。
しかしこの企業はしっかりとした品質のクリーンルームを作っているため、安心して導入できます。
これから精密部品などを開発しようと考えているなら、購入するのもオススメの企業と言えるでしょう。

ショールームを用意しているため、より具体的に検討できる

ニットー冷熱製作所は、クリーンルームのショールームを用意しています。
ショールームで実際にクリーンルームを見ることができるため、より具体的に自社への導入をイメージすることができます。

多くの企業ではカタログなどでクリーンルームの使用をチェックしたり、ホームページで図面を確認したりすることで検討するのが一般的です。
もちろん担当者に問い合わせて具体的な話を相談することもできますが、ニットー冷熱製作所ではショールームに足を運ぶことで自社の担当者だけで検討できるため、より導入のハードルを下げることができます。

ショールームではエアシャワーの体験やクリーン機器を実際に見ることもできるため、勉強にもなるはずです。
担当スタッフで一緒に見に行くのも良いでしょう。

ショールームへ行くときは直接足を運ぶのではなく、まずは問い合わせフォームから連絡することをお勧めします。
前もって連絡しておくことにより、スタッフが説明しながら案内をしてくれます。
さらに導入に向けた具体的な提案をしてもらうこともできるため、よりクリーンルームの検討がスムーズになるはずです。

ニットー冷熱製作所は埼玉県と愛知県、福岡県に営業所があります。
近い場所にある営業所へ問い合わせしてみましょう。

用語解説のページでより理解しやすい

ニットー冷熱製作所はクリーンルームをより理解しやすいよう、ホームページに用語解説のページがあります。
PID制御や熱交換器、エアシャワーなど、クリーンルームを検討するときに必要な知識を得ることができるため、分からないことがあっても安心です。
こうした配慮がなされていることからも、この企業が信頼できるということが理解できるはずです。

株式会社 両津工業の特徴

現在だけでなく将来も見せた設計

両津工業のクリーンルームは、現在だけでなく将来も見据えた設計となっています。
クリーンルームは小さな微粒子やほこりなどを防ぐための部屋ですが、その精度は年々高くなっています。
現在一般的な清浄度であっても、より技術が発達した未来では低いレベルとなっている可能性があります。

そのため両津工業は将来に向けてより高いレベルの清浄度を目指しており、さまざまな技術をクリーンルームに導入しています。
クリーンルームの4原則というものがありますが、両津工業はこれをしっかりと守っています。
さらに独自技術によりこの4原則をさらにハイクオリティーなものとしており、他の企業にはない品質まで高めているのです。

コストパフォーマンスを重視した設計

いくらクオリティの高い部屋であっても、導入に多大なコストがかかるのであれば、社内に設置することができません。
そのため両津工業は、コストパフォーマンスにもこだわっています。

例えばクリーンブースやエアシャワーなどは費用がかかりやすい部分ですが、お客様の設置する部屋に合わせてサイズやパーツなどを考えて導入することができます。
単純な完成品となっているクリーンブースでは、導入にコストがかかりすぎる可能性が高いです。
両津工業は設置する企業のニーズに合わせてクリーンルームの仕様を変更できるようになっており、これが高いコスト削減率を実現しています。

またクリーンベンチに関しても、コストを抑えられるようになっています。
循環や廃棄の仕方などを変更できるようになっていることで、無駄のない設置が実現できるのです。

図面のデータをダウンロードできるのも便利

両津工業ではホームページからクリーンルームのパーツの図面データをダウンロードすることができます。
各パーツの図面を前もって確認できることで、より具体的に自社への導入を検討することができます。

逆に図面がないと、導入しようにもそのイメージがわかなかったり、いざ導入を実現しようとしても実際は仕様が合わなかったりすることもあります。
両津工業のクリーンルームならこうした無駄をなくすことができ、よりスムーズな導入を実現できます。

各図面は見やすく整理されているため、必要に合わせてチェックすると良いでしょう。
またクリーンルームを担当するスタッフと共有するのも、業務を効率化する上で有効です。

このように両津工業のクリーンルームにはさまざまな特徴があり、多くの企業にとって利用しやすいものとなっています。
精密な部品や薬品開発などを行うときには、ぜひ設置を検討してみてください。
ホームページにもさまざまな情報が掲載されているため、合わせて参考にすることをおすすめします。

株式会社 関電工の特徴

モジュールタイプと標準タイプのクリーンルームがある

関電工のクリーンルームは大きく分けて2種類あり、「モジュールタイプ」と「標準タイプ」というものから選ぶことができます。
まずモジュールタイプは、社内へ手軽に導入できるのが特徴です。
工場の中にラインを増やす場合、局所的にクリーンルームを増設する必要があります。
こうした状況に合わせてモジュールタイプは、10平方メートルから100平方メートルの自立型となっています。

また標準タイプは100平方メートルから1,000平方メートルのクリーンルームとなっており、空気の清浄度はクラス1,000となっています。
ただ、お客様の希望によって清浄度は変えることができ、100から10,000まで対応可能です。

関電工のクリーンルーム、3つの特徴

関電工のクリーンルームは大きく分けて、3つの特徴があります。
まずは「経済性」です。
関電工はすべての部材をプレハブ化しており、設置する現場での作業を極力少なくしています。
これによって建設費を大幅に削減することができ、導入コストを抑えることができます。

次に「フレキシビリティ」が特徴として挙げられます。
クリーンルームのサイズは、企業によって求めるものが異なります。
会社によっては大規模な部屋を必要とするところもあれば、比較的小規模の部屋で十分な場合もあります。

関電工はこうした幅広いニーズに合わせて、必要に応じて床の面積や清浄度を変更することができるようになっています。
これによって、よりさまざまな企業の要望に応えられるようになっており、関電工には多くの企業から注文が入っています。

最後の特徴として、「工期が短い」ということが挙げられます。
関電工のクリーンルームの部材はプレハブ化されているため、現場での作業は材料の組み立てが中心です。
そのため比較的簡単に設置することができ、完成までにかかる期間も非常に短く抑えることができます。

企業によってはできるだけ早く、高性能なクリーンルームを導入したい場合もあります。
こうしたケースでも関電工であれば対応でき、非常にスピーディーに導入が可能です。

手軽ながらも、性能はハイクラス

関電工のクリーンルームは全体的に、「手軽で簡単」という印象を受けるかもしれません。
しかしその性能は本格的なものとなっており、高い清浄度が必要とされる製品を作る場合でも問題なく活用できます。

関電工は企業に合わせて臨機応変に対応してくれるため、興味があればぜひ問い合わせてみることをお勧めします。
関電工のホームページに問い合わせ先が掲載されているため、チェックしてみてください。
きっと満足のいく品質のクリーンルームを導入できるはずです。

三基産業株式会社の特徴

清浄度測定サービスを行っているのが特徴

三基産業株式会社は、「清浄度測定サービス」というサービスを行っています。
クリーンルームの規格が決められてから、その管理の大切さは年々高まっています。
クリーンルームのチェックポイントとしては、「正常道クラスの確認」や「定期的なメンテナンス」などが挙げられます。

こうしたチェックは専門性が高いことから、三基産業ではお客様の要望を考慮して、清浄度を測定する出張サービスを行っているのです。
このサービスを利用することで、クリーンルームを高い信頼性で維持することができます。

こうしたサービスを行っている会社は他にもありますが、三基産業はその中でもノウハウを蓄積しており、利用する価値のある企業と言えます。

クリーンルームのレンタルも行っている

三基産業では、クリーンルームのレンタルも行っています。
そもそもクリーンルームとは「空気中に含まれる微粒子や浮遊粒子の量が制御されていて、温度や湿度圧力を調節することができる部屋」を指します。
三基産業は質の高いクリーンルームを作ることに成功しており、これを手軽にレンタルすることができるようになっています。

自社でクリーンルームを作ろうとすると、高額な費用と維持するための人件費、メンテナンス料金などがかかります。
ですが三基産業のレンタルサービスを利用することで、コストを抑えてクリーンルームを社内に導入することができます。

クリーンルームは今後も重要性が高まることが予想されており、テレビやパソコンスマートフォンなどに使われる液晶パネルの製作や医療・製薬の分野、さらに大学の研究機関など、幅広い場所で使われる可能性があります。
短期間から長期間までレンタル可能になっているため、利用を検討してみると良いでしょう。

クリーンルームをレンタルする流れ

クリーンルームをレンタルするには、まずは三基産業のホームページにアクセスします。
ホームページには問い合わせ窓口の電話番号が記載されているため、ここに電話で連絡しましょう。
そしてクリーンルームも借りたいことを伝えれば、担当のスタッフが必要な項目を聞いてくれます。
前もってどれぐらいの清浄度クラスの部屋が必要なのか、その他クリーンルームに求める条件は何なのかを洗い出しておくと、問い合わせるときにスムーズに対応してもらえます。

また場合によっては、担当者が自社に出向いて説明してくれることもあります。
詳細は希望によって変わるため、まずは電話で相談してみることをお勧めします。

条件が決まったら三基産業からクリーンルームが届けられます。
これを自社内に導入して、レンタルが完了します。
返却するときは、再び連絡して引き取ってもらうことになります。

KAMATA クリーンテクノロジーについて

長い歴史を持つ企業で信頼が厚い

KAMATA クリーンテクノロジーは、東京都に本社を持ち東海や九州などにも営業エリアを持つ企業です。
工業用の樹脂やゴム製品の製造と共に、クリーンルーム環境の構築における専門的な技術を持ち、この業界でも知名度の高い会社として活躍しています。
KAMATA クリーンテクノロジーは大正10年創業という長い歴史を持つ企業で、大企業を顧客とし高い信頼を得ているのが特徴です。

クリーンルーム環境構築においては、汎用製品を巧みに使用し効率よく設計、施工をしています。
短期間での施行、一般清掃やメンテナンスのしやすい構造を作ることに長けていて、顧客企業にとって業務を効率化させることができるというメリットがあります。
また、高い実績を生かして、コスト削減を効果的に行い、新築導入においても改築においても、経済的な負担を大きくせずにクリーンルーム環境を導入できるというメリットを生み出しています。

様々なタイプのクリーンルーム構築ができるのが強み

クリーンルームと一口にっても、一般的な生産工場、医療設備、実験・検査施設、ペイント工場など、様々な用途の施設があります。
その異なるタイプの環境を、それぞれの要望に応じて的確に作り上げることができるのが、このKAMATA クリーンテクノロジーの強みとなっています。

防爆仕様のクリーンルームやペイントルーム、恒湿恒温のクリーンルーム、大規模スペースへの導入など、全く仕様が異なるクリーンルームでも問題なく構築できるのです。
実績が豊富ですので、それぞれの仕様において、細かな点に至るまで作業のしやすい設計ができるのもこの会社ならではの特徴と言えるでしょう。
扉から床、天井、巾木に至るまで、細かく検討を行い、どうしたらコストを抑えた施工ができるか、メンテナンスのしやすい仕様はどうしたらできるかを考えているのです。

同社のクリーンルームの特徴とは?

KAMATA クリーンテクノロジーのクリーンルームの特徴は、スタンダードスタイルを採り、無駄のない環境を作るということにあります。
一般的なクリーンルーム向けのプレハブタイプ断熱不燃パネルを使用し、材料コストを下げつつ、安定した性能を維持することができるようにしています。
また、このパネルを吊り下げとし、無駄な柱を入れることなく、可能な限り既存のスペースを生かせるようにしているのも、この会社の持つ設計コンセプトとなっています。

床には塩ビシートなどを使用して、作業がしやすい状態にすると共に、清掃が楽にでき、防塵という観点からもメリットの多い構造としています。
壁際や部屋の角などは、どうしてもホコリやゴミが溜まりやすくなってしまいますが、R形の巾木を使用することによって清掃を楽にし、清浄クラスを維持できるようにしているのも特徴です。

高久産業株式会社について

クリーン環境に関連する様々な業務を行う企業

高久産業株式会社は、東京都墨田区に本社を置く企業で、大阪エリアを始めとして日本国内で広く営業を行っています。
この会社は、クリーン環境に関連した様々な業務を行っていて、その範囲は非常に広いものがあります。
パッキンや樹脂製品の製造、ガラス製品の加工、クリーンルームに必要となる様々な設備の設計、製造、取り付けなどを手掛けています。

クリーンルーム構築における総合的な業務を行うことによって、それぞれの顧客のニーズに応じて小回りの利く対応ができるのが強みとなっています。
医療関連業務や検査業務などにおいては、汎用商品ではなく特殊な機器を必要とすることもありますが、高久産業株式会社ならそうして個別の依頼にも対応できるのが特徴です。
クリーンルーム全体の構築から、一つ一つの機器部品にまで応用の効くノウハウと実績を持っていますので、一括して環境作りを任せられる企業とも言えるでしょう。

個々の設備導入における対応力が高い

このように、高久産業株式会社はクリーンルームについての総合的なノウハウを持っているという強みがあります。
たとえば、エアーシャワースペースの設計や導入、クリーンベンチの導入など、それぞれ異なる施設で求められる設備を構築することができます。
クリーンルームと一口に言っても、それぞれの企業で異なる用途の環境が必要ですので、そのニーズに細かく応じられるのがこの会社の良いところです。

しかも、専門性が高く洗浄レベルの高い環境を構築できるという強みがあります。
医療関連設備など、汎用性の低い施設においても、顧客の必要としているところをしっかりとヒアリングして、完全にその要望に応えられるようにしているのです。
また、規模においても工場レベルの大きさから、省スペースの小型環境の構築まで、個々の必要にかなった設計を行うこともできます。

コストパフォーマンスの高い環境作りをするための努力を欠かさない

クリーンルームは一般的に大がかりな作業となることが多いですし、必要とする機器や建材も高価なことが多いので、設備導入には一定のコストがかかります。
そこで高久産業株式会社では、原価管理責任者が常にそれぞれのプロジェクトにおいて、どのようにコストを削減できるかを模索し、常にコストを下げる努力をしています。
同時に、性能の向上、品質保証においても徹底した管理を行っていて、よりレベルの高いクリーンルームを提供できる態勢を作っています。

多くの企業がクリーンルームを必要とするようになっている現在、このように高い品質を保ちながらもコストを下げられる取り組みをすることはとても重要です。
同社のこうした取り組みは高く評価されていて、確かな実績を積み上げることができています。

新江州株式会社について

クリーンルーム構築の高い実績を持つ新江州株式会社

新江州株式会社は、滋賀県長浜市に本社機能を持つ企業で、昭和22年に創業して以来空調、クリーンルーム構築における実績を積み上げてきました。
この分野における歴史は古く、業界の中でも知名度が高い企業となっています。
規模の大きなクリーンルームから、小回りの利く小規模のクリーン環境構築まで幅広く対応していて、豊富なノウハウを持っているのが特徴です。

営業範囲はかなり広く、本社がある中部、近畿地方はもとより、関東圏や九州エリア、北陸などにも拠点を持っています。
大小多くの顧客を持っていますので、実際の業務を通じてのノウハウは非常に効率の良い環境を作る原動力となっています。
細かな部分にまで配慮の利いた設計ができることや、作業のしやすい空間利用、メンテナンスが簡単な設備構築などをすることができています。

敷地を最大限有効活用できる設計を行っている

半導体製造や検査施設、医療関連施設など、様々な用途にクリーンルームは用いられていますが、敷地を有効活用することはどの分野においてもとても重要なポイントとなっています。
大きな機械を入れたり、作業員の業務スペースを確保するために、できるだけ大きなスペースを作り上げることは、業務の効率性を向上させることにつながるからです。
そのため、クリーンルームに必要となる様々な機器をどのように導入し、無駄なく今あるスペースを利用するかというのは、クリーンルーム構築においては重要な検討項目となります。

その点、新江州株式会社は長い経験と豊富な実績を生かして、無駄のないクリーンルーム構築をする術を身に着けてきました。
より広々とした空間を作れるための考え抜かれた設計を行い、業務を最大限効率よく行えるように手助けするのです。

高精度の清浄能力を実現する設備と設計

広々とした空間を実現するだけでなく、最高クラスの清浄能力を持つクリーンルーム環境を作るという点でも、新江州株式会社は卓越した技術を持っています。
それぞれの規模や求められるレベルに応じて、異なるタイプのクリーンルームの提案をしていて、コストをかけずに最適な環境作りをすることができるのです。

また、湿度温度の安定化という面でも高い技術を持っていて、最高の作業スペース構築を行っているのも特徴です。
断熱パネルを始めとするルーム構築のための建材は、細部に至るまで考え抜かれた設計となっていて、最高度の密閉環境を作れるようにしています。
空気の流入を防ぐための特殊な構造をした材料を使っていて、非常に高い信頼度を誇るのが強みです。

このように、新江州株式会社は高い実績を武器に、様々なタイプのクリーンルーム構築を行っています。
規模に関わらず最高の環境を作ることができるという信用を勝ち得ているのが、この会社の魅力と言えるでしょう。

英和商工株式会社について

クリーン環境構築、メンテナンスのプロフェッショナル企業

英和商工株式会社は、大阪府摂津市に本社を置く企業で、関東や大阪エリアを中心に営業を行っています。
クリーン環境におけるプロフェッショナルとして、施設構築やチェック、メンテナンスなどを実施していて、この分野で高い評価を受けています。
経験豊富な熟練した技術者をたくさん抱えているというメリットがあり、現場に対応して様々な要望に応えることができる態勢を整えています。

英和商工株式会社は、クリーンルームのメンテナンスも行っていますが、もともと設備設計や検査機器の導入、クリーン環境の測定などを行っているため、より高度で専門的な業務ができるのが特徴です。
そのため、様々な設備タイプに対応することができて、特殊性の強い施設においても普段業務として行うことができるという強みを持っています。

性能検査と合わせて空間維持のためのアドバイスを与える

英和商工株式会社では、パーティクルカウンターを始めとする測定機器を保有していますので、クリーン環境の性能が維持されているかどうかの判定をすることができます。
同時に、空調設備、クリーン設備のチェックや耐用期間延長のためのアドバイスを与えるという業務も行っていて、施設設備の有効活用ができるように企業をサポートしています。

クリーンルームは常に同じレベルの性能を維持していかないと、そこでの業務に支障が出てしまいますので、常にきちんとレベルが維持できているかをチェックし、その設備の性能を保つためにメンテナンスをするのはとても重要です。
そのための総合的なサポートを行っているのが、この英和商工株式会社ということになります。

専門性の高い設備にも対応できる力を持っている

英和商工株式会社の特徴は、一般的なクリーン設備だけでなく、実験設備や医療関連設備など、特殊性の高い設備においても対応できる力を持っているということです。
局所排気設備や実験設備などの設計、製造も行っていますし、メンテナンスも実施しています。
クリーン環境というジャンルにおいては、かなり汎用性の高い技術と経験を持っていますので、顧客のニーズにしっかりと応えることができます。

実験設備については、設計段階から依頼を受け、OEM製作や総合メンテナンスまで行っていますので、すべての工程を一括して依頼できるというメリットを持っています。
この分野における実績のある企業ですので、大手からの引き合いも多く信頼度が高いのが特徴です。
英和商工株式会社は、長年の実績を武器に技術の改善を行うと共に、あらゆる専門分野にも対応できる力を付けてきていますので、とても頼りがいのある企業となっています。