株式会社テクネットの特徴

温度や湿度、クリーン度を自由にコントロールできる

テクノネットの1つ目の特徴は、「温度や湿度、クリーン度を自由に制御できる」ということです。
他社のクリーンルームは温度や湿度が一定であったり、決まったクリーン度でしか利用できないことがあります。
しかしテクネットではこれらを自由に設定することができるようになっており、最適な条件での作業ができるようになっています。

特に精密な製品を作るときには、細かな条件までこだわった環境の元で製作することが大切です。
この企業の商品はこうした場合に非常に役立つため、ぜひ活用しましょう。
またそれぞれの部屋ごとに条件を変えることができるため、複数のクリーンルームがある場合にも便利です。

施工時の点検や、施工後の定期的なメンテナンスサービスがある

テクネットではメンテナンスにもこだわりを持っています。
施工のときには不良がないか点検を行ってもらうことができ、施工が完了してからも定期的にメンテナンスをしてもらうことができます。

1年点検のときには設備の清掃やフィルターの交換、さらに各種検査を実施してもらうことができます。
定期的にチェックを行ってもらうことで、常に良好な環境を保ちながら製品を作ることができます。

メンテナンスの内容には、電圧や電流の測定や風量・風速の測定、さらに清浄度の測定などがあります。
また騒音測定や、熱測定、温湿度測定、変圧測定など、細かな項目まで点検を行ってもらうことができます。
こうしたきめ細やかなサービスを提供している企業は少ないため、テクネットの大きなメリットと言えるでしょう。

医療用のクリーンルームも提供

テクネットでは医療用のクリーンルームを提供しています。
医療分野は非常に高い清浄度を必要とすることが多く、クリーンルームも高い品質が求められます。
クライアントが求めるクオリティーの製品を作れる企業は多くありませんが、テクネットはその1つと言えます。

テクネットはカセット型コントロールユニットという技術を採用しており、これが医療用クリーンルームの大きなポイントとなっています。
独自の仕様を採用しており、エアコントロールユニットがカセット形になっています。
そして全ての内部機器が本体に組み込まれるようになっており、医療分野に最適な作りが実現されています。

このユニットは機械室が不要となっており、リニューアルにも適しています。
これからクリーンルームを医療用に新たに作りたいと思っている場合には、チェックしてみると良いでしょう。

このようにテクネットは高品質な商品を提供しており、考えてみる価値のある企業と言えます。
スタッフの技術力も高いため、まずは相談に乗ってもらうことをおすすめします。

蒲田工業株式会社の特徴

クリーンルームについての専門知識を学べる

蒲田工業株式会社の特徴はまず、「クリーンルームについての専門知識を学べること」です。
クリーンルームが必要でも専門知識があまりなく、どのような点に注意して導入すれば良いのかわからないケースがあります。
こうした企業のために蒲田工業では、クリーンルームの基礎知識を学べるようになっています。
公式サイト内にはさまざまな項目があり、「そもそもクリーンルームとは何なのか」という段階から勉強することができます。

また、クリーンルームで必ず注目する数値が「清浄度クラス」です。
清浄度クラスは「どれくらいきれいな環境を保つことができるか」ということを示す指標ですが、これについてもわかりやすく解説されています。
クラスごとの測定粒径についても表ですぐに理解できるようになっているため、チェックしてみると良いでしょう。

さらにエアフィルターについても学ぶことができます。
エアフィルターとはクリーンルームに設置する、ろ過によって粒子や不純物などを取り除くフィルターのことです。

エアフィルターにも種類がありますが、中性能フィルターやHEPAフィルターなど、それぞれについて解説がなされています。
こうしたフィルターについて自分で1つ1つ学ぶのは手間がかかるため、蒲田工業はとても親切な企業と言えるでしょう。

さらにクリーンブースとクリーンルームの違いについても理解することができます。
これらはどちらも見ていますが、お互いに異なる特徴・メリット思っています。
2つの違いを知り、自社に合うほうを導入することで、より社内のパフォーマンスを高めることができます。

クリーンルームの4原則についても理解できる

蒲田工業の次の特徴として、「クリーンルームの4原則についてもしっかりと理解できる」ということが挙げられます。
クリーンルームを使用するときには、4原則と呼ばれる基礎を理解しておく必要があります。

この原則は基本的な知識ですが、専門でないと理解できていないこともあります。
そのため蒲田工業ではこれについてもしっかりと情報提供を行っており、基礎を固めてから導入することができます。

クリーンルームの4原則は「持ち込まない・発生させない・堆積させない。排除する」というもので、それぞれの原則に深い内容が含まれています。
鎌田工業の内容できちんと理解をかけておきましょう。

施工実績が豊富にある

蒲田工業は施工実績が豊富にあるのも特徴です。
他社の実績を確認することで、より安心してクリーンルームを導入することができます。
また、自社の環境と似ている企業を参考にすることで、どのような仕様にするかも検討しやすくなります。
このように蒲田工業はクリーンルームを考える上で、最適な会社といえます。

株式会社大王製作所の特徴

品質に強いこだわりを持っている

大王製作所のクリーンルームの特徴の1つ目として、「品質に強いこだわりを持っている」ということが挙げられます。
クリーンルームを各社とも品質に力を入れていますが、大王製作所は特にさまざまな点に気をつけて製品を製作しています。

クリーンルームには精密のパーツがたくさん使われており、その1つ1つが大切な役割を持っています。
各部品に気をつけることにより性能や品質はアップしますが、大王製作所は全てのパーツにこだわりを持っています。

大王製作所は30名以上の従業員がおり、それぞれのスタッフが高い専門性を誇っています。
こうした人たち全員が力を入れて製品を作っていることで、高いクオリティのクリーンルームが実現しているのです。

検品作業の代行ができるのも特徴

大王製作所の大きな特徴としてもうひとつ、「検品作業を代行することができる」ということもポイントです。
製品を作った後には、必ず検品作業を行う必要があります。
検品とは「製品に問題がないか、人の目で確認する作業」です。

検品作業は大切な工程ですが、しっかりと行うには時間もコストもかかります。
この工程がおろそかになると不良品が市場に出回ってしまうことになるため、注意して行う必要がありますが、企業によってはそこまでの労力をかけられないことがあります。
こうした場合のために大王製作所では、検品作業を自社で引き受けています。

検品作業はクリーンルームで行うことが多いですが、大王製作所の代行業務では簡易クリーンルームを使用します。
清浄度クラス1万から10万の部屋で作業するため、十分なレベルの検品作業を行ってもらうことができます。

このサービスのお勧めの対象として、自社での検品作業が難しい企業が挙げられます。
また、海外で生産された製品を扱っている場合や、大手のクライアントと取引しているときにも、代行サービスがとても役立つはずです。

製品についての情報が見やすいのもメリット

大王製作所の3つ目の特徴として、公式サイト内の情報が見やすいこともメリットです。
企業によってはホームページの情報が整理されておらず、必要な情報をチェックしにくいことがあります。
もし大王製作所のホームページはとても情報が整理されており、すぐに目的の情報を見つけることができます。
すっきりとしたシンプルなレイアウトとなっており、問い合わせ先もすぐに分かるようになっています。
何か気になることがあれば、ここへ連絡するとスムーズに対応してもらえるはずです。

クリーンルームは細かなところまでしっかりと情報を確認することが大切です。
大王製紙はその意味でとても利用しやすい企業と言えるため、導入を検討するのも良いでしょう。

株式会社 菱進の特徴

20年以上に渡る高い実績

株式会社菱進の特徴として、「20年以上の実績がある」というところが挙げられます。
菱進は1995年の8月に創業しており、現在までに20年以上の年月が経っています。
この期間の間にクリーンルームのノウハウや技術の蓄積されており、信頼できる企業といえます。

クリーンルームは高度な技術が必要で、精密さが求められる製品を作るときには、より高い清浄度が必要です。
企業によっては実績が少なく、クリーンルームを提供していてもあまり品質が良くない場合があります。
しかし菱進なら豊富な実績があるため、自社の要望をしっかりと聞いてもらうことができます。

またサポートの体制も整っているため、担当者がきめ細かく対応してくれるのもポイントです。
クリーンルームは企業によって求めるものが異なるため、きちんとニーズを把握してもらえることで、求めるクオリティの製品を導入することができます。

営業所が各地にあり、相談しやすい

株式会社菱進は日本の各地に営業所があるのも特徴です。
本社工場は愛媛県の西条市にあります。
愛媛県は四国に位置する県ですが、関西にも関東にも東海地方にもアクセスが良く、さまざまな企業のニーズに応えやすくなっています。

次に関西支社として、兵庫県の伊丹市にも営業所があります。
自社が兵庫県周辺の場合には、関西支社に問い合わせをすると良いでしょう。
愛媛県の本社工場の方がダイレクトに相談できるため、もし距離がそれほど変わらなければ本社工場への相談をお勧めします。

また、名古屋にも営業所があります。
愛知県名古屋市北区にあり、東海地方から問い合わせるときにはここが便利です。
名古屋営業所は愛知以外にも岐阜や三重、静岡など、東海地方の各エリアからのお問い合わせを受け付けています。

最後に九州にも営業所があります。
福岡県の久留米市にあるため、九州地方から相談したい場合はここに問い合わせましょう。

このように菱進は合計4つの営業所があるため、スムーズに対応してもらうことができます。
クリーンルームを導入するときには、できるだけ時期を急ぎたいこともあるはずです。
こうした場合にも菱進ならすぐに相談しやすいため、ぜひ連絡してみると良いでしょう。

製品の品質にもこだわっている

株式会社菱進は製品の品質にも非常にこだわっています。
確認してみればわかりますが、とても高い雪によって作られており満足のいく品質となっているはずです。

このように菱進には、他の企業にはない多くの特徴があります。
クリームルームを検討するときには、できるだけ信頼できる会社に依頼することが大切です。
菱進は候補としてお勧めのため、チェックしてみましょう。

クリーンルームで働く際に知っておくべきこと

クリーンルームでの仕事はどのような内容なのか

クリーンルームで働くときには、まずは「クリーンスーツ」という専用の服に着替える必要があります。
クリーンスーツは特殊な素材でできている白い色の服で、毛羽立たず、ほこりが付きにくい仕様になっています。
これにより空気中のほこりや微粒子などが服につかず、室内に不純物を持ち込みにくくすることができます。

クリーンスーツに着替えたら、「エアシャワー」というものを浴びます。
エアシャワーとは、「空気の圧力で服に付いているほこりや粒子を取り除くシャワー」のことです。

クリーンスーツで入室するときにほこりなどを持ち込んでしまうと、それが製品に異常を引き起こすことがあります。
そのためエアシャワーでクリーン服をきれいにしてから、部屋へ入る必要があります。

こうして入室したら、指示されている作業を行います。
仕事内容は企業によって異なり、部品の洗浄や組み立て、完成した製品の検査などが行われます。

クリーンルームで働くことのメリット

クリーンルームで働くことには、さまざまなメリットがあります。
まずは「専門知識や技術が身に付く」という点が挙げられます。

クリーンルームで行う作業は専門性の高い内容が多く、誰でもできる仕事ではありません。
また、単純に決められたことを行うだけでなく、技術の知識を下に検査結果などを検証する必要もあります。

ときには膨大な数のデータから結果を導き出すこともあるため、仕事によっては高いレベルの専門性が求められます。
ただ、その分だけやりがいも大きく、自分の経験やスキルも高めることができます。

また、クリーンルームでの仕事は、「座って作業できる」というところもメリットです。
基本的に作業は座りながら安定した場所で行うため、楽な体勢で働くことができます。
職場によっては立ち仕事だったり、体力が必要だったりすることがあります。
これに対してクリーンルームは比較的働きやすいため、男性だけでなく女性にも人気の仕事です。

クリーンルームでの仕事に向いている人

クリーンルームで働くのに向いている人は、まずは「コツコツと作業できる人」です。
担当する仕事は細かい作業を何度も繰り返すことが多く、人によっては集中力が切れてしまったり途中でミスをしたりしてしまうことがあります。
そのため集中力を保って細かい作業ができる人には、この仕事は向いていると言えるでしょう。

次に、「考えて働ける人」にも向いています。
クリーンルームでの仕事は単純作業的な業務もありますが、考える必要があることも多いです。
いつもさまざまな角度から考えることができる人は、この仕事は向いています。

このようにグリーンルームの仕事は、さまざまな特徴があります。
自分に合っているかを確認して、仕事を始めるかどうかを決めることをおすすめします。

アーバン・テック株式会社の特徴とクリーンルームの4原則

クリーンルームの設計からメンテナンスまで総合的にサポート

アーバン・テック株式会社の特徴として、「設置からメンテナンスまでをトータルで対応してもらえる」ということが挙げられます。
クリーンルームを扱っている企業の多くは、導入までを対応してくれても、そこからのメンテナンスは別部署になっていたり、対応に時間がかかったりすることがあります。

しかしこの企業では設計から施工までをワンストップで対応しているため、スムーズに相談や導入をすることができます。
また、自社で全ての業務を行っており、別の業者が間に入ることもないため、設置までのスピードも早く、導入コストも抑えられるようになっています。
さらに自社だけで話が完結することで、お客様の希望が漏れてしまったり連絡ミスが起こったりといったミスも防げるため、総合的にとても満足度の高い企業となっています。

アーバン・テック株式会社はこれまでに豊富な導入実績を誇っており、なんと1,200件以上もの経験があります。
それぞれの企業で導入するクリーンルームは少しずつ異なるため、ノウハウもしっかりと蓄積しています。

自社の担当者の負担も軽減できる

アーバン・テック株式会社がトータルでサポートしてくれることで、自社の担当者も人数が少なくて済みます。
数人のスタッフに問い合わせればすぐに話が進むため、自社の担当者が連絡するべき窓口が一本化されるのです。
この企業のスタッフはそれぞれがクリーンルームについて専門知識を持っているため、困ったことや気になることがあればすぐに相談できます。

問い合わせは公式サイトから電話やメールでできるようになっているため、利用しやすいほうで連絡すると良いでしょう。
連絡後に担当者から折返しがあり、クリーンルームについて相談に乗ってくれるはずです。

クリーンルームの4原則を知っておくと良い

アーバンテック株式会社に問い合わせるときには、クリーンルームの4原則を知っておくとスムーズです。
まずは「埃を室内に持ち込まない」ということです。
次に「埃を速やかに排除する」が、2つ目の原則です。
3つ目として、「埃の発生を抑える」というポイントも大切です。
最後に「埃を溜めない」ということが挙げられます。

人によっては、「なぜいきなり4原則を知っておく必要があるのか」と思うかもしれません。
確かに会社の特徴を解説した後で4原則について説明するのは、話の流れとして不自然かもしれません。

ただ、これはクリーンルームの導入をする上で基礎知識とも言えるものです。
そのため問い合わせるときにはしっかりと理解しておくと、より担当スタッフと話が進みやすくなります。
前提知識として、理解しておきましょう。

株式会社 ニットー冷熱製作所の特徴

クラス100と1番から選択可能

ニットー冷熱製作所のクリーンルームは、2種類のタイプから選ぶことができます。
2つのクリーンブースはそれぞれ、NBU-2、NBU-4という名称となっています。
前者の清浄度はクラス100となっており、比較的手軽に導入できるのが魅力です。
後者のほうは清浄度がクラス10,000となっており、精密な部品などを製作するときに役立ちます。

企業によってはクリーンルームの種類が1つしかなく、自社への導入が難しいことがあります。
しかしニットー冷熱製作所はこのように2つのタイプを用意していることで、より幅広い企業に導入が可能となっています。

さらにクリーンルームを商品として用意していても、あまり力を入れていない企業もあります。
しかしこの企業はしっかりとした品質のクリーンルームを作っているため、安心して導入できます。
これから精密部品などを開発しようと考えているなら、購入するのもオススメの企業と言えるでしょう。

ショールームを用意しているため、より具体的に検討できる

ニットー冷熱製作所は、クリーンルームのショールームを用意しています。
ショールームで実際にクリーンルームを見ることができるため、より具体的に自社への導入をイメージすることができます。

多くの企業ではカタログなどでクリーンルームの使用をチェックしたり、ホームページで図面を確認したりすることで検討するのが一般的です。
もちろん担当者に問い合わせて具体的な話を相談することもできますが、ニットー冷熱製作所ではショールームに足を運ぶことで自社の担当者だけで検討できるため、より導入のハードルを下げることができます。

ショールームではエアシャワーの体験やクリーン機器を実際に見ることもできるため、勉強にもなるはずです。
担当スタッフで一緒に見に行くのも良いでしょう。

ショールームへ行くときは直接足を運ぶのではなく、まずは問い合わせフォームから連絡することをお勧めします。
前もって連絡しておくことにより、スタッフが説明しながら案内をしてくれます。
さらに導入に向けた具体的な提案をしてもらうこともできるため、よりクリーンルームの検討がスムーズになるはずです。

ニットー冷熱製作所は埼玉県と愛知県、福岡県に営業所があります。
近い場所にある営業所へ問い合わせしてみましょう。

用語解説のページでより理解しやすい

ニットー冷熱製作所はクリーンルームをより理解しやすいよう、ホームページに用語解説のページがあります。
PID制御や熱交換器、エアシャワーなど、クリーンルームを検討するときに必要な知識を得ることができるため、分からないことがあっても安心です。
こうした配慮がなされていることからも、この企業が信頼できるということが理解できるはずです。

株式会社 両津工業の特徴

現在だけでなく将来も見せた設計

両津工業のクリーンルームは、現在だけでなく将来も見据えた設計となっています。
クリーンルームは小さな微粒子やほこりなどを防ぐための部屋ですが、その精度は年々高くなっています。
現在一般的な清浄度であっても、より技術が発達した未来では低いレベルとなっている可能性があります。

そのため両津工業は将来に向けてより高いレベルの清浄度を目指しており、さまざまな技術をクリーンルームに導入しています。
クリーンルームの4原則というものがありますが、両津工業はこれをしっかりと守っています。
さらに独自技術によりこの4原則をさらにハイクオリティーなものとしており、他の企業にはない品質まで高めているのです。

コストパフォーマンスを重視した設計

いくらクオリティの高い部屋であっても、導入に多大なコストがかかるのであれば、社内に設置することができません。
そのため両津工業は、コストパフォーマンスにもこだわっています。

例えばクリーンブースやエアシャワーなどは費用がかかりやすい部分ですが、お客様の設置する部屋に合わせてサイズやパーツなどを考えて導入することができます。
単純な完成品となっているクリーンブースでは、導入にコストがかかりすぎる可能性が高いです。
両津工業は設置する企業のニーズに合わせてクリーンルームの仕様を変更できるようになっており、これが高いコスト削減率を実現しています。

またクリーンベンチに関しても、コストを抑えられるようになっています。
循環や廃棄の仕方などを変更できるようになっていることで、無駄のない設置が実現できるのです。

図面のデータをダウンロードできるのも便利

両津工業ではホームページからクリーンルームのパーツの図面データをダウンロードすることができます。
各パーツの図面を前もって確認できることで、より具体的に自社への導入を検討することができます。

逆に図面がないと、導入しようにもそのイメージがわかなかったり、いざ導入を実現しようとしても実際は仕様が合わなかったりすることもあります。
両津工業のクリーンルームならこうした無駄をなくすことができ、よりスムーズな導入を実現できます。

各図面は見やすく整理されているため、必要に合わせてチェックすると良いでしょう。
またクリーンルームを担当するスタッフと共有するのも、業務を効率化する上で有効です。

このように両津工業のクリーンルームにはさまざまな特徴があり、多くの企業にとって利用しやすいものとなっています。
精密な部品や薬品開発などを行うときには、ぜひ設置を検討してみてください。
ホームページにもさまざまな情報が掲載されているため、合わせて参考にすることをおすすめします。

株式会社 関電工の特徴

モジュールタイプと標準タイプのクリーンルームがある

関電工のクリーンルームは大きく分けて2種類あり、「モジュールタイプ」と「標準タイプ」というものから選ぶことができます。
まずモジュールタイプは、社内へ手軽に導入できるのが特徴です。
工場の中にラインを増やす場合、局所的にクリーンルームを増設する必要があります。
こうした状況に合わせてモジュールタイプは、10平方メートルから100平方メートルの自立型となっています。

また標準タイプは100平方メートルから1,000平方メートルのクリーンルームとなっており、空気の清浄度はクラス1,000となっています。
ただ、お客様の希望によって清浄度は変えることができ、100から10,000まで対応可能です。

関電工のクリーンルーム、3つの特徴

関電工のクリーンルームは大きく分けて、3つの特徴があります。
まずは「経済性」です。
関電工はすべての部材をプレハブ化しており、設置する現場での作業を極力少なくしています。
これによって建設費を大幅に削減することができ、導入コストを抑えることができます。

次に「フレキシビリティ」が特徴として挙げられます。
クリーンルームのサイズは、企業によって求めるものが異なります。
会社によっては大規模な部屋を必要とするところもあれば、比較的小規模の部屋で十分な場合もあります。

関電工はこうした幅広いニーズに合わせて、必要に応じて床の面積や清浄度を変更することができるようになっています。
これによって、よりさまざまな企業の要望に応えられるようになっており、関電工には多くの企業から注文が入っています。

最後の特徴として、「工期が短い」ということが挙げられます。
関電工のクリーンルームの部材はプレハブ化されているため、現場での作業は材料の組み立てが中心です。
そのため比較的簡単に設置することができ、完成までにかかる期間も非常に短く抑えることができます。

企業によってはできるだけ早く、高性能なクリーンルームを導入したい場合もあります。
こうしたケースでも関電工であれば対応でき、非常にスピーディーに導入が可能です。

手軽ながらも、性能はハイクラス

関電工のクリーンルームは全体的に、「手軽で簡単」という印象を受けるかもしれません。
しかしその性能は本格的なものとなっており、高い清浄度が必要とされる製品を作る場合でも問題なく活用できます。

関電工は企業に合わせて臨機応変に対応してくれるため、興味があればぜひ問い合わせてみることをお勧めします。
関電工のホームページに問い合わせ先が掲載されているため、チェックしてみてください。
きっと満足のいく品質のクリーンルームを導入できるはずです。

三基産業株式会社の特徴

清浄度測定サービスを行っているのが特徴

三基産業株式会社は、「清浄度測定サービス」というサービスを行っています。
クリーンルームの規格が決められてから、その管理の大切さは年々高まっています。
クリーンルームのチェックポイントとしては、「正常道クラスの確認」や「定期的なメンテナンス」などが挙げられます。

こうしたチェックは専門性が高いことから、三基産業ではお客様の要望を考慮して、清浄度を測定する出張サービスを行っているのです。
このサービスを利用することで、クリーンルームを高い信頼性で維持することができます。

こうしたサービスを行っている会社は他にもありますが、三基産業はその中でもノウハウを蓄積しており、利用する価値のある企業と言えます。

クリーンルームのレンタルも行っている

三基産業では、クリーンルームのレンタルも行っています。
そもそもクリーンルームとは「空気中に含まれる微粒子や浮遊粒子の量が制御されていて、温度や湿度圧力を調節することができる部屋」を指します。
三基産業は質の高いクリーンルームを作ることに成功しており、これを手軽にレンタルすることができるようになっています。

自社でクリーンルームを作ろうとすると、高額な費用と維持するための人件費、メンテナンス料金などがかかります。
ですが三基産業のレンタルサービスを利用することで、コストを抑えてクリーンルームを社内に導入することができます。

クリーンルームは今後も重要性が高まることが予想されており、テレビやパソコンスマートフォンなどに使われる液晶パネルの製作や医療・製薬の分野、さらに大学の研究機関など、幅広い場所で使われる可能性があります。
短期間から長期間までレンタル可能になっているため、利用を検討してみると良いでしょう。

クリーンルームをレンタルする流れ

クリーンルームをレンタルするには、まずは三基産業のホームページにアクセスします。
ホームページには問い合わせ窓口の電話番号が記載されているため、ここに電話で連絡しましょう。
そしてクリーンルームも借りたいことを伝えれば、担当のスタッフが必要な項目を聞いてくれます。
前もってどれぐらいの清浄度クラスの部屋が必要なのか、その他クリーンルームに求める条件は何なのかを洗い出しておくと、問い合わせるときにスムーズに対応してもらえます。

また場合によっては、担当者が自社に出向いて説明してくれることもあります。
詳細は希望によって変わるため、まずは電話で相談してみることをお勧めします。

条件が決まったら三基産業からクリーンルームが届けられます。
これを自社内に導入して、レンタルが完了します。
返却するときは、再び連絡して引き取ってもらうことになります。