クリーンベンチ

CSクリーンベンチシリーズについて

CSクリーンベンチシリーズは、アルミフレームとCS-CUTEによって作られている簡易的なクリーンベンチシリーズとなっています。
簡易的なクリーンベンチが持つメリットのローコスト性をそのままに、カスタマイズ対応もしています。
つまり、CSクリーンベンチはカスタマイズとローコストの両立を果たしたデスクトップタイプの簡易ベンチシリーズである、と言えます。

CSクリーンベンチシリーズの持つ拡張性は幅広く、静電気対策や照明、周囲の素材や気流の方向、清浄度やサイズなど、色々なニーズに可能な限りの対応ができるようになっています。
ローコストな上、多様化するニーズにも対応できる仕様変更が可能なのです。
これまで、簡易タイプのクリーンベンチは既設品の種類こそ多かったのですが、最適な仕様のものがないために結果としてカスタム仕様を採用して高価になったり、手間をかけて自作したりするしかありませんでした。
この問題を解決したのが、CSクリーンベンチシリーズというわけです。

さらに、クリーンベンチ導入が初めてという場合でも、どういった仕様にしたいかという相談を希望すれば、専門のスタッフが丁寧な対応をしてくれるのも嬉しいポイントです。

CSクリーンベンチシリーズのタイプ

CSクリーンベンチシリーズには、様々なタイプがあります。
その中で最も簡単なのがPタイプでしょう。
HEPAフィルターユニットであるCS-CUTE-05Aをベースとして、フードを被せれば完成です。
これだけで非常に低価格な簡易タイプのクリーンベンチができるのです。
簡易タイプであっても、内部水平気流型一方向流となっていて清浄度が高く、フード部には丈夫で透明度の高いポリカーボネートが使われています。

次に簡易的なのがAシリーズです。
こちらはローコスト重視の簡易タイプで、乱流気流方式を標準で採用しており、欲しい清浄度によって搭載FFUを選択できます。
さらに、内部を斜め上から確認可能な窓付きですし、水平気流の持つ弱点をカバーできるななめ気流式など、バリエーションも豊富になっています。
清浄度を重視したのがCFタイプで、高い清浄度が求められる工程に向いています。
気流は一方向流に近く、水平気流と垂直気流式から選択することができます。

CSクリーンベンチシリーズは、細かい埃やゴミを嫌うような工程に向いています。
たとえば、プラスチック・フィルムのような機能性材料、電子機器や部品、光学部品や精密機械の検査や組立、加工、洗浄の後のワーク保管などです。
この他、弱陰圧タイプのWフィルターベンチも開発されています。
こちらも簡易タイプのクリーンベンチで、内部の清浄度がISOクラス6程度に維持でき、作業者の安全は確保しながら内部の製品は汚染から守ってくれます。
バイオクリーンベンチを簡易タイプとし、卓上に置けるようなイメージで開発されました。