クリーンルームとは

クリーンルームとは

atomium-32388_1280クリーンルームとは、空気が洗浄されており、とてもクリーンな状態が維持されている部屋のことです。
特別な機械によってコントロールされており、微粒子レベルで空気洗浄度が管理されています。
そのため、製品製造や研究、開発などさまざまな分野でクリーンルームは利用されています。

クリーンルームにはさまざまな用途があるのですが、その一つが工業用のクリーンルームです。
電子工業ではちょっとしたほこりが回路に触れてしまうだけでも異常が生じてしまいます。
回路に欠損が起きたり、不良が発生する可能性があるため、常に空間を清浄する必要があるのです。

他にも、精密機械を製造する現場においてもクリーンルームが使われることが多いです。
工業製品に要求される最も大切な要素とは製品の品質であり、少しのほこりが溜まってしまうだけでも、その製品の品質は一気に落ちてしまいます。
クリーンルームはあらゆるメーカーにとって必要なものであり、クリーンルームのおかげで製品の品質を保持することが可能となっているのです。

また、バイオクリーンルームと呼ばれるものがあり、こちらはバイオテクノロジーにおいて用いられます。
空気中にはどんな場所でも浮遊微生物が存在しているのですが、クリーンルーム内であれば、微生物をある程度取り除くことができます。
手術室や医薬品の製造所、医療機器の製造所、滅菌室などはクリーンルームとなっています。

さまざまな場所で取り入れられているクリーンルーム

本来、クリーンルームは塵埃を排除するためのものですが、塵埃を排除できるのであれば、細菌類も排除できるという考え方に基いて、細菌による汚染を予防するために用いられています。
ただし、クリーンルームの機能だけでは完全に細菌を除去することは不可能であり、部屋への入退室方法や殺菌消毒などに工夫をこらす必要があります。

食品製造においても現在ではクリーンルームが使われることが多くなりました。
食品中に細菌や虫、異物などが混入してしまうと、多くの人に被害が及びます。
消費者に安全な食品を提供するために食品製造の現場ではクリーンルームは欠かせないものとなっているのです。

また、ハザードといって危険な有害物質が外部に流出したり、持ちだされないようにクリーンルームが用いられるケースもあります。
この場合は、本来のクリーンルームの用途とは異なり、部屋の内部は汚れたとしても外部を汚さないために使われます。
このようなクリーンルームのことをバイオハザードルームと呼ぶことがあります。

このようにクリーンルームはさまざまな用途で使われており、色々な分野で重宝されています。
クリーンルームがないとまともに業務を進めることができない企業はたくさんあります。
私達の生活を支えており、健康的で快適な生活を送るために機能している、重要な存在なのです。

>>クリーンルームの定義
クリーンルームとは具体的に何を指しているのか。

>>クリーンルームの規格
規定にはどのようなものがあるのでしょうか。

>>クリーンルームの必要性
クリーンルームはとても重要なものです。

>>クリーンルーム内でのルールやマナー
守るべきルールやマナーがあることも知っておきましょう。

>>クリーンルームの種類
クリーンルームには色々な種類があります。